資料

著者
タイトル
出版社
評論
Eric A. Christenson PHALAENOPSIS
A MONOGRAPH
Timber Press
ISBN0-88192-494-6
胡蝶蘭原種62種に関し、種の特徴、生息地、名称由来、発見から今日に至る歴史等が系統的に記載された現在最も情報が豊富な書籍である。
種の同定はカルス形状が重要とされるが、本書では主にH.R.Sweetによる手書きイラストが用いられているため、趣味家にとっては視覚的な実感がない不満が残る。またP. cornu-cerviなど一部の種の分類については未解決な課題がある。
市橋正一
三位正洋
ファレノプシス
栽培と生産
誠文堂/新光社
ISBN4-416-40608-8
栽培について多くの重要な情報が記載されている。前半は培養技術であるが、4章以降は胡蝶蘭中級から上級者向けの栽培技術が取り上げられており、交配種を対象とした研究であるものの、様々な実験や研究から得られた定量的なデータは、原種栽培にも貴重な技術資料となる。
千葉雅亮 胡蝶蘭の原種 http://www.utsuwazaka.com/order-sheet.pdf 趣味家として胡蝶蘭の育種栽培に情熱を傾けた千葉氏の原種遺稿集。42種を200枚ほどの写真をのせ解説。初心者にも分かりやすく、絵本を見るような感覚で読むことができる。
福田輝明 洋ランの病害虫防除 家の光協会
ISBN4-259-51731-7
洋蘭全般の病害虫とその対策が記載された書籍である。洋蘭株が10鉢を超えるようになれば病虫害対策も必要となる。本書は病害虫症状を400枚を超える写真で属毎に紹介、解説しており、初心者にも症状判断ができる。
井上成信 ランのウイルス病 農山漁村文化協会
ISBN4-540-00218-X
洋蘭のウイルス病に対しての診断、検定、防除に関しての解説書である。ウイルス病は外見からでは判断が難しいが200枚ほどのカラー写真で各種のウイルス症状が分類されており、初心者にも分かりやすい。また防除するための栽培上の記載は必続の内容である。
井上民二 熱帯雨林の生態学 八坂書房
ISBN4-89694-481-X
胡蝶蘭に直接関係する書物ではないが、生息域となる熱帯雨林の環境と変化、生物と植物の共生など読みやすく、熱帯雨林での生物多様性を知る上での名書である。
Website
Title
Site Address 
Remarks
Phalaenopsis Orchids: Species and primary hybrids http://www.phals.net/index_e.html 54種の胡蝶蘭をそれぞれ写真紹介している。世界各国の趣味家が所有する写真を公開しているため、多様な花柄、変種を見ることが出来る。
Especes De Phalaenipsis.. http://pagesperso-orange.fr/bernard.lagrelle/ 62種類の胡蝶蘭を写真(一部イラスト)で紹介し、それぞれの種の特徴、生息地、名称由来、生息環境が記載されたネット上では最も詳細な解説ページである。書籍での情報量では前記E.A.Christensonであるが、オンラインでは本サイトが双璧となるであろう。
原生蘭 http://www.orchid.url.tw/ 商用サイトであるが、それぞれの種の変種や花柄の多様性を見るには多数の写真が添付されており興味深い。Galleryに比べて販売している種が少ないのは、サイトオーナーが所有しているものなのか、単に写真のコレクションなのか明白ではないが、美しい写真が多い。特にP. equestrisの写真コレクションはすばらしい。
Internet Orchid Species Photo Encyclopedia http://www.orchidspecies.com/indexph-pk.htm 洋蘭ほぼ全種の写真、生息地、特徴などが記載されたオンライン最大の洋蘭原種情報サイト。洋蘭の百科辞典の名に恥じない情報量である。
論文

Chi-Chu Tsai

Molecular Phylogeny, biogeography, and evolutionary trends of the genus Phalaenopsis Doctor of Philosophy
National Sun Yat-sen University, 2003
DNA分析による胡蝶蘭全種のそれぞれの近縁関係、およびいくつかの種についての東南アジア生息分布域と経緯に関しての詳細が研究された博士論文。

Nurseries

Nursery名称
コメント紹介業者と読者の取引きを保障するものではありません)
USA
Orchid-Inn Orchid-Innはパフィオの専門業者であり胡蝶蘭を直接扱っていないが過去にCreative Orchidsと東京ドーム蘭展(JGP)ブースにて共同販売し、このナーセリを通して一部の原種が購入ができた。現在はCreative orchidsとの関係は不明。Sian Lim氏のコレクションと思われる胡蝶蘭が扱われていた。このようにJGPでは趣味家と合同出展をしてきたため、希少種の入手ができる。とりわけ希少なものは、JGPのプレミアムショー(前日オープンの招待客のみ入場可能)の段階でマニアに売れてしまうので、予め電子メールでOrchid-Innに対して入手したい種を注文しておいた方がよい。販売はJGPの場所での販売のみ。品質はよい。またビジネス対応も良い。
http://www.orchidinnusa.com/index.jsp
Orchid View 胡蝶蘭、とりわけソリッドブルーのViolaceaを作出したことで知られているが、USAの蘭協会のメダル株を親にした改良種を主に扱う。品質は業者の中で最も優れている。価格も適切である。オーナーの対応は電子メールを通してではあるがファミリア‐であり好感がもてる。改良実生苗であるため、フラスコ出し1年あるいは2年ものが主で全体にサイズは小さい。
http://www.orchidview.com/home.htm
Indonesia
   
- -
Malaysia
NT orchids マレーシヤの原種を扱っている。自身もコレクターであり、Webギャラリーの種を全て販売しているわけではない。品質や取引に問題はない。価格はすでに海外向け化しており価格的なメリットは少ないが、国内で入手難のものを購入するにはよい。
http://ntorchids.com/home/index.php
Philippines
Purificacion Orchids フィリピンで信頼のできる数少ない業者の一つである。海外向けでは主にUSAやヨーロッパをメインとしている。価格は他のフィリピン業者に比較して1.2-1.5倍ほど高価。栽培を自身の農園で行っておりビジネス対応は良い。オナーおよびその家族もファミリア-である。
http://www.purificacionorchids.com/
Singapole
   
その他
   

 上記に挙げた全てのナーセリは筆者がこれまで取引を行いビジネスとして問題のなかった業者です。上記以外のナーセリで今後実績を積み筆者の納得する業者であれば逐次紹介していきます。

資材

筆者利用の国内業者

資材
業者
品種
コメント
サイト
肥料 フジ園芸


マルタ小泉商事
洋蘭液肥
活性剤Vital

トップドレッシングGK365
3年前から使用


2007から使用
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/


置肥
マルタ小泉商事 グリーンキング 成長や花付きが良い  
ミズゴケ 共和開発 -
- http://home.netyou.jp/cc/kyouwa/
クリプトモス 望月蘭園 -
- http://www7b.biglobe.ne.jp/~mochizuki-orchids/
バーク 共和開発 ネオソフロン - -

コルク・ヘゴ板
バスケット

フジ園芸
共和開発
- - -
鉢、ヘゴチップ 所沢植木鉢センター     http://www.garden-bank.com/
CO フジ園芸 寝太郎 - http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/
ウイルスキット 日本植物防疫協会研究所 - - http://www.sp.jppa.or.jp/kenkyusho/
薬品類 農家の家 みのり     http://item.rakuten.co.jp/kminori/c/0000000118/
その他

 

- -